まず考えなければいけないのは、支払い総額を減らして返済の負担を軽くしようというものだということです。そこで金利の差が重要になってくるのです。それでは、どのようなケースならば銀行借り換えをして得をするのかというと、ローン残高が1つの目安となっています。一般的によく言われているのが、残高が500万円以上あるケースです。

年率で1パーセント以上の差があるならば、支払い総額に大きな差が生まれることになるからです。けれども、そこで知っておかなければいけないのが、銀行借り換えにかかる費用についてです。この費用のことを知らないで実行して、実際にはあまり得でもなかったといったケースもあるからです。それまで借金をしていた借り入れ先に対しては、繰上げ返済手数料が発生しますし、住宅ローンならば抵当権末梢費用などもあります。

多いところでは50万円以上かかり、なかには100万円前後といったケースもあります。借り換えに力を入れている金融機関ならば、手数料などを無料にしているところもあるので、20万円程度で済むといったこともあります。そういったケースでは、担保割れ物件を扱っているローンを探さなければいけなくなります。

関連ページ